セーフティニュース No.2


東京都の住宅用火災報知器設置義務化が決定

   東京都火災予防条例の一部改正(平成16年3月31日公布)に伴い、
  住宅用火災報知器の設置義務化(平成16年10月1日施行)が決定いた
  しました。
 


  ◆ 対象 ・・・・・・・ 住宅用途部分の床面積合計が10u以上の
               新築・改築の一般住宅(既築住宅については努力義務です。

  ◆ 設置場所 ・・・・・ 住宅内の各居室、台所、及び階段です。

  ◆ 警報機の種類 ・・・ 煙感知方式です。
               しかし、誤作動する恐れがある場所については、熱感知式を
               設置します。


※ 詳しくは、東京都庁ホームページの東京都公報(平成16年3月31日)をご覧下さい。

ウィンドウを閉じる